ライオン 法人様向け販促ノベルティサイト
駆け込み需要だけじゃない!消費税増税をチャンスに変える販促・ノベルティ戦略

駆け込み需要だけじゃない!消費税増税をチャンスに変える販促・ノベルティ戦略

駆け込み需要だけじゃない!消費税増税をチャンスに変える販促・ノベルティ戦略

2019年10月1日に、消費税が8%から10%に増税される予定になっています(2019年6月1日現在の予定)。

飲食料品と新聞は軽減税率が適用されて8%のままとなる予定ですが、一般的な家庭では増税の影響により家計を圧迫することになり、消費が冷え込むことが心配されています。

一部では増税前の駆け込み需要が発生しているところもあると思いますが、増税前後の需要創出と、それに対応した販促をどうするかが各企業の懸念事項となっています。

ここでは、増税前後の対応について考えて行きましょう。

増税が年収500万円の家計に与える影響は4~5万円/年

消費税が8%から10%に上がることで、家計には具体的にどの程度の影響を与えるのでしょうか?

いろいろな推計・試算が行われていますが、年収500万円の家計では、概ね年間支出で4万円~5万円程度、月々4,000円前後の負担増になると考えられています。

また、「支出を切り詰めよう」というマインドは、実際の増税負担額以上に大きくなっていくことも予想されます。

増税による消費への影響度が低いのは生活必需品

このような増税による「支出を切り詰めよう」というマインドの中で、消費者はどのような支出を見直すのでしょうか?

支出を抑える時、消費者は「お小遣い」「嗜好品」「贅沢品」「趣味」「交際費」などを削る傾向にあります。

一方、どうしても削れないのは、日用雑貨などの生活必需品です。実際に増税に備えて買い溜めしておくというアンケート結果も出ています。

増税に備えて買いだめするもの

消費者は、食料品や生活必需品などを確保した上で、残りをやりくりするようになります。

そのような消費者の行動を把握した上で、増税前後の販促を見直していくことが必要になってきます。

キャッシュレス決済の5%ポイント還元?消費税還元セール?

増税による実際の負担増だけでなく、消費マインドの低下による「買い控え」も予想される中、企業としてどのような販促対応で売上を維持していくことができるでしょうか?

政府によるキャッシュレス決済の5%ポイント還元も予定されていますが、対象もまだ正確には決まっていないため準備がしにくいですし、競合企業とも横並びの施策になるので販促としては差別化にもならないという点が難点です。

また、各企業独自にキャンペーン等を行うとしても、「消費税還元セール」という言い回しは前回の増税時と同様に、引き続き禁止となりました。

「2%還元」など、「消費税」が入らない表現は容認されるようですが、「2%」の表記だと、増税分をカバーすることはわかるのですが、消費者に与える印象としてはインパクトが小さいと懸念されているようです。

日用品を使った販促・ノベルティで家計応援を!

そこで、増税対策の販促施策では、単純な値下げセールではなく、どのような家庭でも必要になる「日用品・生活必需品」を販促品・ノベルティとしてプレゼントすることで、家計を応援するキャンペーンを組んでみるのはいかがでしょうか。

前述の通り、増税時でも生活必需品の支出はなかなか削ることはできません。そのため、販促品・ノベルティとして生活必需品を提供することで、多くの家庭に喜んでいただくことができます。

LIONノベルティサイトでは、衣料用洗剤、台所用洗剤、ハンドソープ、ハミガキ・ハブラシなど、特に家計の紐を握る主婦の方には大変喜ばれるグッズを取り扱っています。「名入れ」やロゴ入りの「オリジナルデザイン」のノベルティグッズや販促グッズも製作できますので、貴社のメッセージをしっかりと伝えることが可能です。

ノベルティと言っても、10万個以上のような大ロットだけでなく、100個から発注できる小ロットの商品もあります。

商品購入やサービス契約のお礼に販促品として提供したり、イベントなどの集客用にばら撒きのノベルティとして活用したり、予算に応じて様々な用途が考えられます。

業種・業態やターゲット顧客の属性などによって、販促アイデアの事例やおすすめもありますので、ぜひお気軽にご相談ください。